FC2ブログ

BDな日々

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

『ふらんす』連載4回目と『KABOOM』第9号  

『ふらんす』7月号、発売されましたー。

IMG_0591.jpg

「現代バンド・デシネをめぐる12章」4回目のテーマは「雑誌と単行本」。日本のマンガは、大半がまず雑誌連載されてから単行本化されるわけですが、BDの場合その辺はどうなのか、そんなお話をしております。

IMG_0590.jpg

BDの雑誌は日本のマンガ誌とだいぶ違います。そして、雑誌の種類が日本と比べると圧倒的に少ないと言われています。それでもACBDことAssociation des critiques et journalistes de bande dessinée(バンド・デシネ批評家ジャーナリスト協会)の報告書(仏語)によると、BDを連載する定期刊行物は、2014年には全体で75誌もあり、そのうちヨーロッパの作品を掲載しているのが18誌だそうです。ここでいうBDとはフランス語圏のマンガに限らず、世界マンガという意味ですね。案外あるんだなー。具体的にどんな雑誌が出ているのか(同報告書には発行部数上位のタイトルしか載っていないのです)、たいへん気になるところでもありますね。

ACBDの報告書は雑誌の推定発行部数なんかも載っていて興味深いのですが、それを見ると、やっぱりBDの雑誌は数も少なければ、部数も少ないという印象があります。かつて、1970年代頃にはBD雑誌が華やかだった時代もあったようですね。もしかしたら大して売れてはいなかったのかもしれませんが、それでも特に青年向けにさまざまな雑誌が出ていました。当時のさまざまな雑誌については、貴田奈津子さんがかつて『ふらんす』で連載されていた「9番目のアート バンド・デシネ案内」(1998年6月号~1999年3月号)に詳しく書かれているので、機会があればぜひお読みください。『ハラ=キリHara-Kiri』、『ピロットPilote』、『レコー・デ・サヴァンヌL'Écho des savanes』、『メタル・ユルランMétal hurlant』、『(ア・スイーヴル)(A Suivre)』などなど、さまざまな雑誌が興味深く紹介されています。

BDの連載誌が少ない代わりってこともないのかもしれませんが、BDには有料無料の情報誌が結構ありまして、『カブームKABOOM』もその1つ。2013年2月に創刊され、2015年6月現在、第9号まで刊行されています。刊行日はビシっと決まってるわけではないようですが、一応季刊ということでいいんですかね。

IMG_0592.jpg
『KABOOM』創刊号

編集長のステファン・ボージャンによると、この雑誌は33.3%バンド・デシネ、33.3%アメリカン・コミックス、33.3%マンガでできているそうで、実際、BDもアメコミもマンガも分け隔てなく紹介されています。こういう雑誌が存在してるのがフランスのすごいところですよね。主な内容は作家へのインタビューに作家論、作品レビュー、ちょっとしたコラム。短めの作品が掲載されていることもあって、最新第9号には、辰巳ヨシヒロ追悼として辰巳ヨシヒロ先生の「人喰魚」が掲載されています。

で、その9号ではニコラ・ド・クレシーの『プロレス狂想曲』がフィーチャーされています。ニコラ・ド・クレシーの7ページにわたるオリジナル・インタビューが収められていて、インタビュアーは日本在住のBD研究者ダニエル・ピゾリ。ちなみにこの号はダニエルにもらいました。メルシー・ダニエル。

IMG_0593.jpg
『KABOOM』第9号

中をパラパラめくってみると、『プロレス狂想曲』のネームっぽい図版が……。ネームなんてあったんだ。知らんかった……。

IMG_0595.jpg

これからじっくり読んでみたいと思います。
スポンサーサイト

category: 日記

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://bdnahibi.blog.fc2.com/tb.php/9-5e4ebc4b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。