FC2ブログ

BDな日々

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

現代バンド・デシネをめぐる12章  

ブログってのはなんでこうも更新できないものなのか……。文章自体はそれなりに書いているはずなのに……。
ということで、前回からまたまた約7カ月ぶりの更新となってしまいました。今年こそはもうちょっと更新したい……。

『かわいい闇』(河出書房新社)のインタビューの続きも掲載しなければならないのですが、いろいろ心の準備が必要になってくるので、まずはあんまりハードルを上げず、とりあえず身辺雑記を。

その後、いろいろとBDの翻訳を出させていただいているのですが、最近ではパイインターナショナルさんからユマノイドの作品をいろいろ、あとは飛鳥新社さんからユーロマンガ・コレクションということで、2月にトマス・デイ作、オリヴィエ・ルドロワ画『ウィカ―オベロンの怒り』という作品を出させていただきました。

『ウィカ』については、ユーロマンガ編集部がフランスで収録してきたインタビューがYouTubeで見れたりしますので、そちらもご覧ください。
https://www.youtube.com/user/MrEuromanga

こんな感じで翻訳のほうはボチボチやらせてもらっていますが、今年はありがたいことに白水社さんの雑誌『ふらんす』でBDについて連載を持たせていただけることになりました! 『ふらんす』と言えば、1925年に創刊され、今年90周年を迎えるという実に由緒正しい月刊誌ですよ。フランス語学習とフランス語圏文化の紹介と言えば『ふらんす』という感じで、僕もフランス語の勉強をしている頃には大いにお世話になりました。
france04_cover2.jpg

そんな『ふらんす』に連載させていたく記事のタイトルは「現代バンド・デシネをめぐる12章」。何だか立派なタイトルになっちゃって、看板倒れにならないかちょっと心配ですが……。BDのさまざまな局面に焦点を当てつつ、その輪郭をなぞっていくことで、フランスにおけるBDの全体像がぼんやりと見えてくる、みたいな連載になればと思っておる次第です。3月末に刊行された4月号掲載の第1回は、「BDとともに生きる」。シャルリ・エブド事件からアングレーム国際漫画フェスティバルの紹介、そこから見えてくるBDの今というような話をしています。
france04_titre2.jpg

ところで、雑誌『ふらんす』には、過去にもBD関連の連載がありました。

貴田奈津子「9番目のアート バンド・デシネ案内」(1998年6月号~1999年3月号)
笠間直穂子「モノクロBDを撃て! フランス漫画のアンダーワールド」(2007年4月号~9月号)
笠間直穂子「今月のBD」(2009年4月号~2010年3月号)

どれもすばらしい連載なので、BDに関心がある方は、ぜひ図書館などでバックナンバーを探して読んでみてください。

ちなみに笠間直穂子さんは、昨年、BDの通史をまとめた貴重な論文を発表されました。

笠間直穂子「フランス=ベルギー系漫画小史 黎明期から今日まで」『國學院雑誌』第115巻11号

日本語で読めるコンパクトな通史としては、それ以前に貴田奈津子さんの「バンド・デシネ=その誕生と変遷」(『フランスコミック・アート展2003』図録に掲載)という、これもまたすばらしい文章がありましたが、書かれたのはもう10年以上前になります。歴史的な事実を知る上ではあいかわらず有用ですが、最新の情報を知りたい方は、笠間さんの文章を当たってはいかがでしょうか。

『ふらんす』に話を戻すと、実は、『ふらんす』には、過去にBD作家の連載もありました。
ニコラ・ネミリ「12 môme(12人の子どもたち)」(2010年4月号~2011年3月号)
ルイス・トロンダイム「トロンダイムの徒然日記Japon編」(2011年4月号~2012年3月号)
ルイス・トロンダイム「トロンダイムの徒然日記」(2012年4月号~2013年3月号)

Nemiri2.jpg
「12 môme」(2010年4月号)

Trondheim2.jpg
「トロンダイムの徒然日記Japon編」(2011年4月号)

ニコラ・ネミリの連載は翻訳を、ルイス・トロンダイムの連載はコーディネートを担当させていただきました。ネミリの連載は詩的な感じ。トロンダイムの連載はユーモアあふれる異文化体験記という感じです。トロンダイムはいい絵を描くなあ。機会があれば、こちらも読んでみてください。

ここ2年、『ふらんす』ではフランス語圏の作家のBD連載はなく、日本のマンガ家じゃんぽ~る西さんの「フランス語っぽい日々」とその奥さんのカリン西村=プペさんによる「C'est vrai?」が連載されています。国際結婚ならではのエピソード満載で、じゃんぽ~る西さんの連載も異文化に興味がある人なら必読のエッセイマンガですよ。

ということで、雑誌『ふらんす』の連載、よろしくお願いします。
スポンサーサイト

category: 日記

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://bdnahibi.blog.fc2.com/tb.php/5-31324670
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。