FC2ブログ

BDな日々

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

ベルギーのバンド・デシネ瞥見  

昨年から今年にかけて白水社の雑誌『ふらんす』で「現代バンド・デシネをめぐる12章」(2015年4月号~2016年3月号)という連載をさせていただきましたが、その『ふらんす』の2016年6月号「特集:日本ベルギー友好150周年 ベルギーを知ろう」に合わせて、「ベルギーのバンド・デシネ瞥見」という文章を書かせていただきました。

IMG_1911.jpg

IMG_1912.jpg

バンド・デシネについての日本語の文章は、僕が書いたものも含め、紙媒体にもネット上にもそこそこあるかと思いますが、そういやベルギーのバンド・デシネを概観するものってなかったですよね(僕が知らないだけで、実は既にあったりして…)? 見開きの文章なので、そこまで情報量があるわけではありませんが、『タンタンの冒険』から最近の注目作家ブレヒト・エヴァンスまで、基本的なことを押さえるのに便利な感じになってますので、よかったら覗いてみてください。

『タンタンの冒険』に『スマーフ』、『ラッキー・ルーク』、『闇の国々』など、ベルギーのバンド・デシネで邦訳されているものって、案外あったりするんですが、それでも全BDの中でも最も重要な作品の一つ『スピルー』が未だに翻訳されていなかったり、紹介状況は決して十分とは言えません。『スピルー』は歴史的価値を考えても、どれか1巻だけでも、そろそろ何らかの形で翻訳が出てもいいんじゃないかと思うんですけどねー。

それにしてもベルギーというと、戦前から戦後にかけて、子ども向けBDの最も重要な部分を担ったという印象が強いですが、改めて見直してみると、『ⅩⅢ』なんかに代表されるように、大人向けBDの重要作もかなりたくさん送り出しているんですよね。勉強になりました。

記事の最後にちょっとだけ触れたんですが、僕のお気に入りのベルギーBDに、『カウボーイ・ヘンク』という作品があります。
CowboyHenk.jpg

オリジナルはフラマン語で、フランス語版は翻訳版なのですが、若干アート寄り、シュールでおバカなギャグが最高です。いつか訳せたらいいのですが……。
スポンサーサイト

category: 日記

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://bdnahibi.blog.fc2.com/tb.php/17-d4e628e1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。