FC2ブログ

BDな日々

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

『美術手帖』2016年8月号増刊:「バンド・デシネ」のすべて  

『美術手帖』2016年8月号増刊:「バンド・デシネ」のすべて、発売から一週間ぐらい経ちますが、ようやく通読できました。

IMG_2038.jpg

表紙に書いてある通り、「ルーヴルNo.9~漫画、9番目の芸術~」展開幕に合わせて作られた『美術手帖』の増刊号です。

『美術手帖』さんに声をかけていただき、僕もいくつかの記事でお手伝いさせていただきました。以前、2012年11月号の「特集:荒木飛呂彦」のときに、「バンド・デシネから見る『ジョジョの奇妙な冒険』」という文章を書かせていただいたことがありまして、『美術手帖』さんでお仕事をさせていただくのは二度目になります。

“「バンド・デシネ」のすべて”とはデカく出たなという感じですが(笑)、まあ、ここで仕事をしてるという事情を抜きにしても、実際これ一冊でバンド・デシネのことがいろいろわかる良心的な本になっていると言えそうです。いや、マジで。全体の構成は『美術手帖』のサイトをご覧ください。

僕は今回、「Q&Aで知るバンド・デシネ」、「バンド・デシネの変遷」、「ビジュアルで見る バンド・デシネ名作家選」、「世界コミック市場レポート」、「日本におけるバンド・デシネ 受容と影響の歴史」を担当させていただいています。類書に僕が監修をさせていただいた『はじめての人のためのバンド・デシネ徹底ガイド』(玄光社、2013年)というムックがありますが、この別冊では、ある意味このムックの良い補完ができているのではないかと思います。「ビジュアルで見る バンド・デシネ名作家選」では、ムックが出たあとに邦訳された作家を取り上げていたり(逆に何でこの作家取り上げてないの的なお叱りの言葉もあるかと思いますが、フランス人的に言えば、“C'est pas ma faute.オレのせいじゃない”って感じで、紙幅の関係上どうにもならんかったのです…)、「日本におけるバンド・デシネ 受容と影響の歴史」では、やはりムックではあまり取り上げられなかった日本におけるバンド・デシネの受容史について、簡単ながら、触れていたり。なお、「日本におけるバンド・デシネ 受容と影響の歴史」では、マンガ研究者として少しずつ仕事を公にし始めている新美ぬゑさんのお力を借りました。

さて、本書で僕がお手伝いしている部分は実は微々たるもので、この増刊号の大半の部分は、ルーヴル美術館が出しているバンド・デシネ(=BD)の紹介やBD作家やマンガ家、BD出版社の編集者へのインタビューに割かれています。作家さんへのインタビューは、どれもボリュームたっぷりで、それぞれの個性を存分に堪能できるものになっています。クレジットを見ると、BD作家や編集者へのインタビューで聞き手役をなさっているのは、貴田奈津子さん。1990年代末にエンキ・ビラル作品を邦訳したり、1998年から1999年にかけて、『ふらんす』誌で「9番目のアート バンド・デシネ案内」という連載を担当したり、他にもいろんなところで大活躍された、僕から見たらBD翻訳紹介の大先輩。こういう形でお仕事をご一緒できて光栄です。

ちなみにインタビューに登場するダヴィッド・プリュドムは僕も大好きな作家です。彼のRébétiko (la mauvaise herbe)『レベティコ(雑草)』はいつか訳したいと虎視眈々と狙っているのですが……。ついでに言っておくと、ルーヴルBDプロジェクトの中で僕が好きなのは、彼のLa Traversée du Louvre『ルーヴル横断』とジャン=クロード・カリエール&ベルナール・イスレールのLe Ciel au-dessus du Louvre『ルーヴルの空の上』、そしてマルク=アントワーヌ・マチューの『レヴォリュ美術館の地下』(大西愛子訳、小学館集英社プロダクション)。特に、プリュドムの作品は、ある意味日本のマンガの対極にある変テコかつカッコイイ作品で、ぜひ邦訳が出てほしかった……。

traversee3.jpg
David Prudhomme, La Traversée du Louvre

ciel2.jpg
Jean-Claude Carrière & Bernard Yslaire, Le Ciel au-dessus du Louvre

増刊号に話を戻すと、個人的に興味深かったのが、ルーヴル美術館と一緒にルーヴルBDプロジェクト作品を出版しているフュチュロポリス社のセバスチャン・グナディグのインタビュー。「現在フランスでは1作品につき平均の売上げが3000部ぐらい」という発言は衝撃ですが、一方で、ルパージュ兄弟の『月は白い』、ブノワ・コロンバ&エティエンヌ・ダヴォドーの『我らが幼少時代の愛しい国よ』、ジョー・サッコの『ガザ1956』、リアド・サトゥッフの『未来のアラブ人』を例に出しつつ、「一見難解そうな成熟した読者向けのBD作品が、フランスの出版界で、商業的にもかなり成功を収めている」と語っています。出版におけるマンガの割合がめちゃくちゃ大きい日本からしてみると驚きですが、フランスでは、出版におけるBDの割合は年々大きくなりつつあるとはいえ、文芸に比べるとずっと小さかったりします。そんなこんなをいろいろ考え合わせると、マンガとBDの違いがおぼろに浮かび上がってくるような気がしますね。「世界コミック市場レポート」のページで、僕はかなり雑にBD市場を説明してしまっていますが、BDのアクチュアルな一局面を語った、このセバスチャン・グナディグのインタビューを堪能するための前菜的な感じで読んでいただければと思います。

ということで、他にも見どころ、読みどころ満載の『美術手帖』2016年8月号増刊:「バンド・デシネ」のすべて、BD未体験の方は、ぜひこれをきっかけにBDの世界に足を踏み入れてみてください。前に紹介した『芸術新潮』2016年7月号の第2特集「大友克洋と見るバンド・デシネ」、さらには『はじめての人のためのバンド・デシネ徹底ガイド』と併せて読めば、きっとあなたもBD通!

この増刊号を通読して思ったんですが、「バンド・デシネ名作家選」的なものは、ぜひ未邦訳作品でやってみたいっすね。2010年以降、かなり多くのBDが邦訳されてきたとはいえ、BDの海は広い。僕が訳したい超絶ステキ作品はまだまだたくさんありますし、僕が知らない作品だってきっとたくさんあるはず。それらをぜひとも紹介したいし、何なら訳したい! 「ルーヴルNo.9~漫画、9番目の芸術~」展は1年ぐらい巡回するっつー話ですし、この機会にそんなお仕事お待ちしてます。まあ、ないか。
スポンサーサイト

category: 日記

tb: 0   cm: 0

アンヌ・ヴィアゼムスキー『彼女のひたむきな12カ月』  

翻訳を担当させていただいたアンヌ・ヴィアゼムスキーの小説『彼女のひたむきな12カ月』(DU BOOKS)が、7月上旬に刊行されました。解説は、『ここは退屈迎えに来て』、『アズミ・ハルコは行方不明』、『買い物とわたし―お伊勢丹より愛をこめて』などで今をときめく小説家・エッセイスト、映画通としても知られる山内マリコさんです。

IMG_2020.jpg

本書の刊行記念ということで、7月22日(金)20時から下北沢のB&Bで、なんとその山内マリコさんとトークを行ないます! もう明後日ですな……。

原正人×山内マリコ
「ゴダールに恋する私たち」
『彼女のひたむきな12カ月』(DU BOOKS)刊行記念
http://bookandbeer.com/event/20160722_godard/


僕がゴダールに恋しているかどうかは疑わしいですが、ゴダールに恋しているアンヌ・ヴィアゼムスキーには恋していると言えそうだし、彼女がゴダールと過ごしたその時代に恋しているとも言えそうです。ということで、本書をめぐっていろいろとおしゃべりいたしますので、ご関心がある方はぜひお越しください!

さて、バンド・デシネはいろいろと翻訳させていただいていますが、僕にとって小説の翻訳はこれが初めて。元々フランス文学を勉強していたので、感慨深いものがありますが、正直ヒヤヒヤ。しかも、ゴダール関係なんてコワイコワイ……。そもそもフランス文学っつっても修論のテーマは19世紀末の作家ヴィリエ・ド・リラダンの『未来のイヴ』だから、現代文学なんて門外漢だし……。とはいえ、小説を訳す機会なんてそうそういただけるものではないわけで。ということで、意を決して翻訳させていただきましたよ。超全力を尽くしていますが、誤訳とかあったらマジでスンマセン……。

原書はこちら。さすがフランスの本。ひと目でNRF叢書の本とわかるすがすがしいほど簡素な装丁。帯はあってもあおり文句は一切なし。

IMG_2044.jpg

原題はUne année studieuseで、直訳すると、「勤勉な一年」とか「勉強ずくめの一年」とかそんな感じです。

作者アンヌ・ヴィアゼムスキーの19~20歳時代を回想した自伝ですが、フランス語版の表紙にもはっきりと「Roman=小説」と書かれており、書かれていることのすべてが真実なのかはわかりません。それにしても、改めて考えると、“小説”って何なんでしょうね?

作者のアンヌ・ヴィアゼムスキーはフランスの女優。18歳のときにロベール・ブレッソンの映画『バルタザールどこへ行く』でいきなり主演に抜擢され映画デビュー。その後、ジャン=リュック・ゴダールの『中国女』やピエル・パオロ・パゾリーニの『テオレマ』などなどに出演。1988年には小説家としてデビュー。華麗なる転身ですが、なにしろ祖父がノーベル文学賞受賞の文豪フランソワ・モーリヤックですから。DNAが違います。ちなみに父親はロシアの亡命貴族の家系というかっこよさ。

『バルタザールどこへ行く』撮影当時のことは彼女の小説『少女』(國分俊宏訳、白水社、2010年)に詳しく書かれています。これがまたすばらしい本なので、未読の方はぜひ読んでみてください。訳文も実に端正で美しい。それに引きかえ、わが翻訳の不器量さよ……。いや、アンヌと彼のパートナー、ジャン=リュック・ゴダールが繰り広げるドタバタ悲喜劇を語るにはこの文体でなければならなかったのだ……。

なお、アンヌ・ヴィアゼムスキーにはもう一つ『愛の讃歌―愛さえあれば』(中井多津夫訳、日之出出版、1999年)という翻訳がありまして、こちらはこちらでとてもいい本です。刊行順は『愛の讃歌』、『少女』、『彼女のひたむきな12カ月』で、いずれも自伝的な小説なのですが、構成上の工夫などからすると、個人的には『愛の讃歌』が一番小説っぽい作品。ノスタルジーに満ちた幼少時代の回想と子供の立場から垣間見た大人の世界の描写がとてもいい。『彼女のひたむきな12カ月』でいい味を出している母親が、この作品でもまた魅力的です。

IMG_2046.jpg

で、今回『彼女のひたむきな12カ月』が発売されたわけですが、どんな作品かというと、こんな作品です。

1966年6月のある日、19歳のアンヌ・ヴィアゼムスキーは、それまですれ違い続きだった映画監督ジャン=リュック・ゴダールに手紙を送る。その後しばらくして、ヴァカンスを兼ね、南仏の友人の家に滞在していたアンヌのもとにゴダールその人から電話がかかる。数度の逢瀬を経て、2人は結ばれ、晴れて恋人同士に。やがて、ヴァカンスを終え、パリに戻ったアンヌは、未成年の身で、ゴダールのような有名人と交際するという事態にとまどい始める。だが、それは怒涛の一年の始まりに過ぎなかった。哲学者フランシス・ジャンソンとの個人授業、大学入学資格試験の追試、大学での新生活、家族との軋轢、ジャン=リュック・ゴダールを通じた映画との最接近、彼の周辺にいる有名人たちとの出会い、そして『中国女』の撮影……。中国では文化大革命が始まり、ベトナム戦争は泥沼化、パリ郊外のナンテールで学生運動の機運が高まりつつあった激動の時代、波乱に満ちた一年を通じて、アンヌはさまざまな体験にとまどい、そこから学びながら、大人への一歩を踏み出すことになる――。



『少女』と同じように、有名人の私生活をのぞき見しているようなおもしろさがあるわけですが、今回の見どころはやっぱりジャン=リュック・ゴダール。天才肌で気難しそうな印象ばかり強かったゴダールに、衝動的で、感情過多で、案外かわいらしい、あまりに人間的な側面があったことが明かされており、個人的にはかなり萌えました。もっともこれは人によって受け止め方が異なりそう。ゴダールを神聖視する向きは、きっとこの暴露をけしからんと思うでしょう。解説の山内マリコさんは、ゴダールの常軌を逸した行動の数々を、大人の女性の立場から手厳しく批判されておられます……。

映画ファン、とりわけゴダール・ファンにとっては、ゴダールが政治色を一層強めていくその時代に何が起きていたのか、彼の傍らに寄り添っていたアンヌ本人の証言が聞けるわけで、それもこの作品の魅力のひとつでしょう。ゴダールはどうやらマジで毛沢東思想に入れあげていたようですが、そういうのって、現在から見ると、結構新鮮ですよね。

ものの本によれば、1968年の五月革命を機に世界はある意味様変わりを遂げたわけですが、この小説が描いているのはまさにその前夜。1966年と言えば、『学生 島耕作』の物語が繰り広げられる年ですよ。刺激に満ちたその時代に、アンヌはゴダールと出会い、彼に導かれるまま、ある意味特権的な立場から、さまざまな文化(映画、文学、音楽……)を知り、その担い手たちと交流し、一般の人にはなかなか体験できないような形で、大人の世界に足を踏み入れます。翻訳していて、一番楽しかったのは、アンヌのこの知的冒険で、個人的には、次の一文がこの作品の魅力をみごとに要約していると思います。

 当時はどう表現したらいいかわからなかったけれど、私のジャン=リュックへの愛には、彼の職業への、彼が撮った映画への、そして彼の友人たちへの愛が含まれていた。私は彼も、彼の世界も好きだった。この愛は私が『気狂いピエロ』と『男性・女性』を見たときに始まったのではなかったかしら? きっと彼も直感的にそのことを理解していて、私を彼のそばに置き、彼の世界を見せることがどういう効果を及ぼすのか知っていたにちがいない。
 そう、彼の隣で過ごす、1967年の春は甘美だった。(P.229)



彼女の冒険の詳細についてはぜひぜひ小説を読んでみてください。翻訳のクオリティはともかく、マジで面白いです!

併せて読むことをおすすめしたいのが、四方田犬彦さんの『ゴダールと女たち』(講談社現代新書)のアンヌ・ヴィアゼムスキーに捧げられた一章。「女に逃げられるという天才的才能」という最高なキャッチがついたこの本が出たのは、『彼女のひたむきな12カ月』の原書版が出る前の2011年8月。そこには、別れたゴダールとの関係を完全には整理することができずにいるアンヌの姿が描かれていて、今後、彼女がゴダールについて本を書くつもりがあるかどうかわからないとすら書かれています。ところが、その後、わずか数年でその本は書かれることになりました。それが、『彼女のひたむきな12カ月』です。四方田さんの文章を読んだあとに『彼女のひたむきな12カ月』を読むと、アンヌ、ついに乗り越えたんだね…と感涙すること請け合い。

『彼女のひたむきな12カ月』はハッピーエンドと言ってもよさそうな結末を迎えますが、その後、2015年に、その一年後を描いた、その名もUn an après(「一年後」の意)という続編が発売されています。

IMG_2043.jpg

こちらは早くもミシェル・アザナヴィシウス監督で映画化されることが決まっているそうです。タイトル通り『彼女のひたむきな12カ月』の一年後を描いた作品で、1968年5月に起きた五月革命やその他のことが、アンヌとゴダールのカップルのあり方をどう決定的に変えてしまったのかが語られていきます。ゴダールの嫌な側面は『彼女のひたむきな12カ月』でもそこここに描かれているわけですが、Un an aprèsのゴダールは、時にマジで怖ろしいくらい嫌なヤツです。一度通読した程度なのですが、スラップスティックなおもしろさはそのままに、でも、『彼女のひたむきな12カ月』とは好対照をなす作品で、ラストなどから考えると、結構意識的に対をなすように作られているのかもしれません。いずれにせよ、アンヌが何を語り、何を語っていないのかという問題は興味深いです。

さらに、『彼女のひたむきな12カ月』とUn an aprèsを補足するような本がもう1冊出ています。Photographies(「写真」の意)という本で、文字通り、アンヌ自身が当時自ら撮った写真をまとめ、コメントを付した写真集です。

IMG_2042.jpg


アンヌが写真を撮り始める経緯については『彼女のひたむきな12カ月』にも出てきますが、実際にその後、彼女が撮った写真をまとめたのがこれです(失われてしまったものも多いとのこと)。その中には、ゴダールはもちろん、弟のピエールや犬のナジャ、ブランディーヌ、ミシェル・クルノ、ラウル・クタール、さまざまな俳優たち、友人たちが含まれています。また、Un an aprèsの中ではほとんど触れられていなかった(よな…、たしか?)『ウィークエンド』のことが結構詳しく書かれていたりして、それもうれしい。開くと、こんな感じ。

IMG_2047.jpg

この写真集なんかはトークの時に持って行こうかと思います。

何年先になるのかはわかりませんが、映画は楽しみですね。まずはぜひ『彼女のひたむきな12カ月』を読んでみてください。

category: 日記

tb: 0   cm: 0

『芸術新潮』2016年7月号 第2特集「大友克洋と見るバンド・デシネ」  

読みましたよ、『芸術新潮』2016年7月号。特集「とてつもない裸! 日本ヌード写真史」。これはこれでなかなか乙なもんですが、第2特集が「大友克洋と見るバンド・デシネ」なのです。

IMG_2022.jpg

ここで取り上げたいのは当然第2特集のほうなわけですが、冒頭、まず何ページかにわたって、大友さんのお気に入り作家のBDの中面やイラストが、ギャラリー的にドカンと掲載されてます。未邦訳のBDやイラスト集がそのまま掲載されてるのがいいですねー。メビウスやニコラ・ド・クレシー、フランソワ・スクイテンなど、今やおなじみのBD作家から始まって、ルーベン・ペレフェロ、カルロス・ニーネといった渋いチョイスが光ります。

続いて、古永真一さんのBDをザクッと紹介した記事。

そして、この特集の呼び物のひとつであろう大友さんへのインタビュー。大友さん愛蔵の新旧のBDが山のように積まれています。くはっ、じっくりと拝見したい…! きっと見たこともないBDが埋もれているはず! 

インタビューには小さな図版がたっぷり添えられていて、なかなか親切な作りです。大友さんが当時、原書を通じて刺激を受けた作家・作品のいくつかは、今では案外翻訳も出ているので、BDを翻訳紹介している立場からすると、このインタビューをきっかけに実際に読んでいただけたりしたらうれしいですね。例えば、ニコラ・ド・クレシーの『フォリガット』(拙訳、パイインターナショナル)は翻訳されてますし、フランソワ・ブックだったらホドロフスキー原作の『バウンサー』(拙訳、パイインターナショナル)が出てます。でも、一方で、大友さんが最初にショックを受けたというメビウスの『アルザック』は未だに日本語版が出てないし(いつか出るのか?)、エンキ・ビラルの初期作品やロレンツォ・マットッティの作品も翻訳されてなかったりするのは残念無念。古典的な作品くらいは軒並み日本語で読めるという日がいつか来るといいのですが……。

IMG_2029.jpg
ド・クレシー&チョヤス『フォリガット』(左)とブック&ホドロフスキー『バウンサー』(右)

話を元に戻すと、大友さんインタビューのあとは、BD作家たちのサインや原画の紹介。メビウスの原画! う、うらやましい! ペルフェロが描くコルト・マルテーゼもいい味です。

それに続くのが、エンキ・ビラル、カルロス・ニーネ、ニコラ・ド・クレシーへのインタビュー。カルロス・ニーネは『スケッチトラベル』(飛鳥新社)に一枚イラストを寄せていますが、それ以外に日本で紹介されたことってあるんだろうか? アニメの仕事もしてるっぽいので、もしかしたらそっちの文脈で紹介されてるかもですね。とにかく、日本ではほとんど知られていない作家をこんな風に紹介することこそ、こういう特集の醍醐味だろうし、すばらしいですよね。ちなみにカルロス・ニーネはアルゼンチンの作家なわけですが、アルゼンチンには結構いい作家が多いらしいですよ。インタビューの中でも触れられているアルベルト・ブレッチャとかホセ・ムニョスとか……。どっか翻訳出してくんないんすかね? つーか、まず先にその辺のことを紹介してくんないんすかね?

IMG_2030.jpg
手前白黒がホセ・ムニョス(Alack Sinner, T1)奥のカラーがアルベルト・ブレッチャ(Le Cœur révélateur et autres histoires extraordinaires d'Edgar Poe

BD作家インタビューのあとは、バスティアン・ヴィヴェス×バラック×ミカエル・サンラヴィルの『ラストマン』(日本語版第1巻、8月発売!)とカステルマンの新雑誌『パンドラ』の紹介。

そしてこの特集のもうひとつの呼び物、大友さんの新作マンガ「悪いロボットも壊れたら地獄へ行くの?」。

で、最後に7月22日からスタートする展覧会「ルーヴルNo.9」の紹介。7月22日ってもうすぐじゃん!

ということで、約40ページにわたって、BDについていろいろ発見できる充実の特集になっています。これをきっかけにぜひいろんなBD(の邦訳)を読んでください。ちなみに『美術手帖』の8月号増刊もBD特集だそーです。そっちはちょろっと関わらせていただいてます。

category: 日記

tb: 0   cm: 0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。