FC2ブログ

BDな日々

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

2015年11月のBD関連イベントもろもろ  

今年も海外マンガフェスタが近づいてきました。2012年から始まった海外マンガフェスタも今年で4回目を迎えます。

毎年この時期は、海外マンガフェスタに合わせて作家さんが来日することもあって、さまざまなイベントが行われます。今年は今までに輪をかけて多くのイベントが行われるので、僕自身が関わるものを中心にご紹介したいと思います。

オリヴィエ・ルドロワ&ケラスコエット合同サイン会
日時:2015年11月13日(金)19:00~ 最終受付時間:20:00 
会場:紀伊國屋書店新宿南店7階サザンシアターロビー 
参加方法:参加にはそれぞれ整理券(先着30名)が必要
※整理券の数に限りあり。なくなり次第、配布終了。

new_JoliesTenebres2.jpg  new_wika2.jpg

ルドロワとケラスコエットから絵入りのサインをもらえ、おしゃべりまでできちゃうイベントです。オリヴィエ・ルドロワの『ウィカ』(飛鳥新社)とケラスコエットの『かわいい闇』は、僕が翻訳をさせていただいていることもあって、当日は僕も会場に行き、通訳めいたことをさせていただきます。会場に来てくださる皆さん、よろしくお願いします。

オリヴィエ・ルドロワ、トニー・ヴァレント、中田春彌によるインタラクティヴ・グループワーク
日時:2015年11月14日(土)14:00~16:30
会場:アンスティチュ・フランセ東京 エスパス・イマージュ
参加方法:入場無料。 アンスティチュ・フランセ東京(03-5206-2500)にお問い合わせ 

new_wika2.jpg  radiant2.jpg  new_Levius2.jpg

タイトルを見るとなんだかよくわからないイベントに見えますが、要するに3人の作家さんによるライブドローイングです。当日は僕が司会をさせていただきます。オリヴィエ・ルドロワ、『ラディアン』のトニー・ヴァレント、『レヴィウス』の中田春彌さんというタイプが違う作家さんに共通のお題で絵を描いていただつつ、僕のほうで3人にさまざまな質問をしていきます。ライブドローイング終了後はサイン会もあるとのことなので、合せてぜひ。
※『レヴィウス』はこちらから試し読みできます。

対談:ケラスコエット+りんたろう 「進化するイラストレーションの世界」
日時:2015年11月14日(土)17:00~19:00
会場:アンスティチュ・フランセ東京 エスパス・イマージュ
参加方法:入場無料。 アンスティチュ・フランセ東京(03-5206-2500)にお問い合わせ 

new_JoliesTenebres2.jpg

3人の作家さんのライブドローイングのあとに、引き続きアンスティチュ・フランセで行われ、こちらも僕が司会を担当します。日本を代表するアニメ監督の一人りんたろうさんと『かわいい闇』のケラスコエットの対談イベントです。なぜケラスコエットとりんたろうさんが?という方もいらっしゃるかと思いますが、その辺も含めて当日いろいろお話できればと思います。ケラスコエットのBDだけではなく、イラストからアニメまで、広く絵と関わる仕事について語るイベントになる予定です。トーク終了後にはケラスコエットのサイン会が行われます。

海外マンガフェスタ
日時:2015年11月15日(日) 11:00~16:00
会場:東京ビッグサイト東2・3ホール※コミティアと併催
参加方法:コミティア入場料として大人1名につきティアズマガジン1冊(¥1,000)が必要。

海外マンガフェスタでは、メインステージでトークライブ2つとドローイングライブ1つが行われるほか、企業ブースやアーティストアレイでさまざまな物販や展示が行われます。まだ海外マンガフェスタに来たことがないという方、熱気あふれる楽しい会場ですので、ぜひお越しください。

この日、僕はまず、
トークライブ① 12:20~13:20
オリヴィエ・ルドロワ VS ケラスコエット VS 窪之内 英策
の司会をさせていただきます。

その後は、ガイマン賞ブースとPatati Patata(パタティパタタ)ブース(アーティストアレイE-06)を行ったり来たりしていると思います。ガイマン賞ブースではガイマン賞2015のノミネート作を展示します。その場で閲覧できますので、ぜひお立ち寄りください。投票箱も設置しますので、その場でご投票いただけます。Patati Patata(パタティパタタ)ブースではケラスコエットのオリジナルグッズを販売します。かわいいグッズができあがりそうなので、お楽しみに!

gaimansho.jpg  new_patati-patata.jpg

ガイマン賞特別イベント:トニー・ヴァレント×ラウラ・ズッケリ トークショー
日時:2015年11月17日(火) 18:30~20:00
会場:コピス吉祥寺B館8階 吉祥寺カルチャーセンター(ジュンク堂書店吉祥寺店の1つ上の階)
参加方法:整理券が封入された『ラディアン2』か『ガラスの剣』をジュンク堂吉祥寺店で購入。電話予約も可。

radiant2.jpg  new_ガラスの剣light

『ラディアン』のトニー・ヴァレントと『ガラスの剣』のラウラ・ズッケリのトークイベントです。どちらも主にフランスの市場で仕事をしている作家ですが、トニー・ヴァレントは日本のマンガに強く影響された男性作家で、ラウラ・ズッケリはいかにもBDらしい作品を発表する女性作家という違いがあります。僕が司会をさせていただきますが、登壇者とお客さんの距離が近いアットホームな雰囲気のなか、フランス語圏のマンガの幅の広さが実感できるイベントになると思います。もちろんサイン会も行われます。

ガイマン賞2015スペシャル:“ヨーロッパ漫画最前線” トニー・ヴァレントさんxオーサ・イェークストロムさん対談トークショー
日時:2015年11月20日(金)19:00~
会場:書泉グランデ7F(神保町)
参加方法:『ラディアン』(既刊2巻)、『さよならセプテンバー』(全3巻)のうち1冊を書泉グランデで購入。

radiant2.jpg  new_sayosep1.jpg

『ラディアン』のトニー・ヴァレント、『さよならセプテンバー』のオーサ・イェークストロムという、ともに日本のマンガに強く影響を受けたヨーロッパ作家による対談。僕が司会をさせていただき、2人にとっての日本マンガの魅力、日本人が描くマンガと彼らのマンガの違いなどなどに迫ります。もちろんサイン会も行われます。

ガイマン賞2015トークイベント:作者が語る最新ガイマンの魅力―ラウラ・ズッケリ『ガラスの剣』
日時:2015年11月21日(土)16:00~17:30
会場:明治大学リバティタワー8階 1083教室
参加方法:入場無料。

new_ガラスの剣light

『ガラスの剣』のラウラ・ズッケリに最新作の魅力をたっぷり語っていただきます。ラウラ・ズッケリはイタリア人の女性作家です。女性作家はBDの世界では決して多いとは言えないわけですが、その辺のことや、フランス語圏のBD市場でイタリア人の作家が仕事をしていくことについて、あるいは日本のマンガではあまり多くは使われないカラーについてなどなど、さまざまなことを伺っていきます。

僕が関わっているイベントだけでも既に十分多いわけですが、今年行われる海外マンガ関係のイベントはこれだけにとどまりません。詳細についてはこちらのサイトをご覧ください。どのイベントも海外の作家さんのお話を直接聞くことができるまたとない機会ですので、ぜひ会場に足をお運びください。皆さんの来場をお待ちしています。
スポンサーサイト

category: 日記

tb: 0   cm: 0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。